皿ヶ嶺の植物図鑑 ツルニガクサ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 シソ科
学名 Teucrium viscidum var. miquelianum

日本全土の山地の木陰に生え、草丈20〜40cmになる多年草。地下に細長い走出枝を出すが蔓性ではない。葉は対生し、長さ1〜2cmの葉柄があり、長楕円形で長さ5〜10cm、全面に腺毛がある。縁には不揃いな鋸歯があり、葉脈は強く凹んでいる。
花期は7〜9月。花序は長さ3〜5cm、沢山の淡紅色の唇形花を一方向に偏ってつけるのが特徴。花冠は長さ8〜10mm。下唇は長く突き出るが上唇はごく小さい。雌しべは4個の雄しべとほぼ同長、ともに上側に突き出る。萼は全面に腺毛が密生し、5裂する。
 果実は4分果、分果は長さ1.1〜1.7o、網目模様がある。
名前の由来:葉も茎も苦くはないので、「苦い草」の由来は不明。地下に走出枝を出すことから「つる(蔓)」なのだろうが、「ニガクサ」も走出枝を出すので、「つる」と区別する理由も明確ではない。

7月
 
2016年7月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2013年7月中旬撮影   2013年7月中旬撮影
 
2013年7月中旬撮影  
 
2016年7月下旬撮影   2017年7月下旬撮影
8月
 
2014年8月上旬撮影   2014年8月上旬撮影
 
2015年8月上旬撮影   2017年8月上旬撮影
 
2014年8月中旬撮影   左の写真トリミング 腺毛が有る
 
2017年8月中旬撮影   2017年8月中旬撮影
9月
 
2014年9月中旬撮影   2014年9月中旬撮影



inserted by FC2 system