皿ヶ嶺の植物図鑑 トチバニンジン 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ウコギ科
学名 Panax japonicus

日本特産種で北海道〜九州の山地の落葉広葉樹林など、明るい森林の樹林下に自生する多年生草本。地下に横に這う茎がある。地上茎は直立して高さ50から80cmほどになる。葉は5小葉で構成される掌状複葉で、茎に3から5枚輪生する。葉の質は薄く、無毛。6月後半頃から花茎を出し、3mm程度の黄緑色の小さな花を多数あつめた球形の花序をつける。夏に果実は赤く熟すが、枝の花序はすべて雄花なので、果実の稔る花序は頂生の1つだけである。
名前の由来:ヤクヨウニンジンの仲間で、葉がトチノキの葉に似ているところからつけられた。節くれだった根の形状から、チクセツニンジン(竹節人参)とも呼ばれる。

5月
 
2016年5月上旬撮影   2017年5月上旬撮影
 
2015年5月中旬撮影   2016年5月中旬撮影
 
2016年5月中旬撮影   2016年5月中旬撮影
 
2016年5月下旬撮影   2017年5月下旬撮影
6月
 
2016年6月上旬撮影   2016年6月上旬撮影
 
2016年6月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年6月上旬撮影  
 
2016年6月中旬撮影   2016年6月中旬撮影
 
2017年6月中旬撮影   左の写真のトリミング
 
2012年6月下旬撮影   2017年6月下旬撮影
7月
 
2015年7月上旬撮影   2016年7月上旬撮影
 
2017年7月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年7月中旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年7月中旬撮影  
 
2015年7月下旬撮影   2016年7月下旬撮影
 
2016年7月下旬撮影   2017年7月下旬撮影
 
2017年7月下旬撮影  
8月
 
2016年8月上旬撮影   2016年8月上旬撮影
 
2017年8月上旬撮影  
 
2014年8月中旬撮影  
 
2014年8月下旬撮影   2016年8月下旬撮影
9月
 
2014年9月中旬撮影  
 
2014年9月下旬撮影  



inserted by FC2 system