皿ヶ嶺の植物図鑑 タマアジサイ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ユキノシタ科 
学名 Hydrangea involucrata

関東、中部の太平洋側の山地に自生する、樹高1.5mほどの小低木。葉は対生し、葉身は楕円形または卵状楕円形で、洋紙質。両面短毛を密生してざらつく。縁は不整の細かい鋸歯がある。芽吹きの時期は、葉の先や縁が赤味を帯びるのできれいで目立つ。花期は7〜9月で枝先に散房状花序を出す。苞に包まれ玉状になった蕾が裂けるように開花し、淡紫色の小さな両性花の周りに花弁4枚の白色の装飾花が縁どる。両性花には、花弁と萼片が4〜5個、雄しべが8〜10個、花柱が2〜3個ある。アジサイの仲間では花の時期が遅い。
名前の由来:「タマ」は、蕾が球形であること。「アジサイ」は、「藍色が集まった」を意味する「集真藍」(あずさい)から転訛したものという説が一般的。漢字の「紫陽花」は、中国では別種の植物の名であったものを、誤ってこの花にあてたものらしい。
 
上林森林公園に植栽されたもの(四国には自生しない)

7月
 
2015年7月中旬撮影  
 
2014年7月下旬撮影   2015年7月下旬撮影
 
2015年7月下旬撮影   2015年7月下旬撮影
 
2015年7月下旬撮影   2015年7月下旬撮影
 
2016年7月下旬撮影   2016年7月下旬撮影
 
2017年7月下旬撮影  
8月
 
2014年8月上旬撮影   2014年8月上旬撮影
 
2016年8月上旬撮影   2017年8月上旬撮影
 
2017年8月上旬撮影  



inserted by FC2 system