皿ヶ嶺の植物図鑑 シロバナエンレイソウ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ユリ科 
学名 Trillium tschonoskii

北海道、本州、四国の山地または深山に生える多年草。この仲間で、ごくまれにある花弁が紫色の珍しい種をムラサキエンレイソウとよぶ。
草丈は30pくらいで、地下茎は太く短く直下している。茎頂に3枚の葉が輪生し、大きくてよく目立つ。5月頃、葉心に直立した茎を1本出し、柄の端に花を1個つけ側向する。
名前の由来:延齢草の意味であって、倭漢三才図会に出ているが、有毒植物であることから、延齢草の語源は不明である。
 (絶滅危惧種)別名 ミヤマエンレイソウ

3月
2015年3月中旬撮影
 
2015年3月下旬撮影   2015年3月下旬撮影
 
2016年3月下旬撮影   2016年3月下旬撮影
4月
2013年4月上旬撮影 2013年4月上旬撮影
2014年4月上旬撮影 2015年4月上旬撮影
2015年4月上旬撮影   2016年4月上旬撮影
 
2014年4月中旬撮影   2015年4月中旬撮影
 
2016年4月中旬撮影   2016年4月中旬撮影
 
2017年4月中旬撮影  
 
2014年4月下旬撮影   2015年4月下旬撮影
 
2016年4月下旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年4月下旬撮影   2017年4月下旬撮影
5月
 
2017年5月上旬撮影   2017年5月上旬撮影
 
2017年5月上旬撮影   2017年5月上旬撮影
 
2015年5月中旬撮影   2016年5月中旬撮影
 
2012年5月下旬撮影  
6月
 
2017年6月上旬撮影  





inserted by FC2 system