皿ヶ嶺の植物図鑑 ミヤマタニタデ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 アカバナ科 図鑑
TOP
学名 Circaea alpina

日本全土の深山の林縁や湿った木陰などに自生する、草丈20cm弱の多年草。白い地下茎を伸ばして増え、茎は直立して細く、時に分枝する。
葉は対生し、長さ1〜2cmの葉柄があり、葉身は長さ1〜4cmの心臓状広卵形で、先は鋭く尖り、縁には波状の尖った鋸歯がある。
花期は7〜8月。茎頂に総状花序をつけ、紅白色を帯びた花柄をもつ、直径3mm程の小さい白色花をつける。萼片、花弁、雄蕊はいずれも2個。萼片は紅色を帯び、花弁とほぼ同長。花弁は倒卵形で先端が2裂する。上から見ると、雄蕊・萼片は重なり、花弁に対して直角に位置する。
果実は長さ2〜2.5mmの棍棒状で、かぎ状の刺毛が密生する。
名前の由来:姿がタデに似ていて、深山の湿り気の多い所に生えていることから名付けられた。タニタデより小形。

7月
 
2015年7月中旬撮影  
 
2016年7月下旬撮影   左の写真のトリミング
8月
 
2014年8月上旬撮影   2015年8月上旬撮影
 
2015年8月上旬撮影   2016年8月上旬撮影
 
2016年8月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年8月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年8月上旬撮影  
 
2013年8月中旬撮影   2016年8月中旬撮影
 
2016年8月中旬撮影   2016年8月中旬撮影
 
2013年8月下旬撮影  
9月
 
2014年9月上旬撮影  



inserted by FC2 system