皿ヶ嶺の植物図鑑 ゴトウヅル(ツルアジサイ) 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ユキノシタ科
学名 Hydrangea petiolaris

山地に生える落葉のつる性の低木。枝のところどころから気根を出して樹幹や岩に這い登り、高さ15〜20mくらいになる。若枝は赤褐色。樹皮は褐色で縦に薄く紙状に剥がれる。葉には長い柄があって対生し、葉身は卵円形で先はとがり、縁に鋭い鋸歯がある。6〜7月、枝の先に散房状集散花序をつくる。小さな黄白色の両性花が集まる花序のまわりに、白色の3〜4枚の花弁状の萼片を持つ装飾花が縁どる。両性花は、直径約5〜6mmで芳香がある。両性花の雄しべは15〜20本、開出した2本の花柱があり、5枚の花弁は互いに合着して帽子状にとれる。
名前の由来:梧桐蔓で、梧とは青木のこと。従ってつる性で青桐(アオギリ)のような木ということになる。枝先の花序に咲くアオギリの花をイメージしたのではないかと思われる。別名のツルアジサイ(蔓紫陽花)・ツルデマリ(蔓手毬)は読んで字の如く、花がよく似ていることから。
※ 類似のイワガラミは装飾花の萼片が1枚だけである点で区別できる。

1月
2012年1月中旬撮影 2016年1月中旬撮影
2月
 
2016年2月上旬撮影  
 
2016年2月中旬撮影  
3月
 
2016年3月中旬撮影   2016年3月中旬撮影
 
2017年3月中旬撮影   2017年3月中旬撮影
4月
 
2015年4月中旬撮影   2015年4月中旬撮影
2015年4月下旬撮影 2016年4月下旬撮影
5月
2015年5月上旬撮影 2017年5月上旬撮影
 
2017年5月上旬撮影  
 
2016年5月中旬撮影  
 
2016年5月下旬撮影   2016年5月下旬撮影
 
2016年5月下旬撮影  
6月
 
2014年6月上旬撮影   2012年6月上旬撮影
   
2014年6月上旬撮影   2016年6月上旬撮影
 
2017年6月上旬撮影   2017年6月上旬撮影
 
2017年6月下旬撮影   2017年6月下旬撮影
8月
 
2016年8月上旬撮影  
 
2016年8月中旬撮影   左の写真のトリミング
12月
 
2016年12月上旬撮影  
 
2015年12月中旬撮影   2015年12月中旬撮影
 
2015年12月中旬撮影   左の写真のトリミング
 
2015年12月下旬撮影   左の写真のトリミング
 
2016年12月下旬撮影   2016年12月下旬撮影



inserted by FC2 system