皿ヶ嶺の植物図鑑 カラスウリ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ウリ科
学名 Trichosanthes cucumeroides

本州〜九州の山ろくや やぶ地に生える雌雄異株のつる性の多年草。葉はハート型で、表裏とも短毛が密生し、表面はザラつく。長さ、幅とも6〜10cmで、ふつう3〜5浅裂する。花期は8〜9月で、日が暮れる頃に花を開き、夜明け前にしぼむ。果実は球形または楕円形で長さ5〜7cmになり、独特の朱色になって目立つ。種子には縦に隆起した帯があり、カマキリの頭部に似ていると言われる。
根や種子には、利尿剤、咳止め、痰切りなどの効果がある。
名前の由来:いつまでも樹上に果実が赤く残るのを、カラスが残したのであろうと見立ててつけられたと思われる。

7月
 
2017年7月中旬撮影  
 
2016年7月下旬撮影   2016年7月下旬撮影
 
2016年7月下旬撮影   2017年7月下旬撮影
 
2017年7月下旬撮影   2017年7月下旬撮影
8月
 
2003年8月上旬撮影  
 
2017年8月中旬撮影   2017年8月中旬撮影
 
2017年8月中旬撮影  
 
2014年8月下旬撮影  
9月
 
2004年9月中旬撮影  
 
2015年9月下旬撮影  



inserted by FC2 system