皿ヶ嶺の植物図鑑 ヒメドコロ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ヤマノイモ科
学名 Dioscorea tenuipes

関東地方以西の山野に生えるつる性の多年草。
根茎は肥大して横に伸び、明瞭な節がある。ヤマノイモのつるはアサガオと同じ左巻きだが、ヒメドコロは右巻きである。
 葉は互生し、全縁の葉身は長さ5〜12pの三角状披針形で、先が長く尖り基部は深い心形。葉柄の基部に1対の小突起がある。
 花期は7〜8月。雌雄異株。雌雄の花序はいずれも細く、葉腋から垂れ下がる。雄花は多数で単生又は対につき、雌花は数個と少ない。花は淡緑色で小さく、花被片は6個で平開し、やや反り返る。
刮ハは淡黄褐色で光沢があり、120度間隔で3個の半円形の翼がある。
名前の由来:オニドコロに似て葉が細いことによる。ヒゲがあるエビを「海老」と表すように、多数のひげ根を老人のひげに見たて「トコロ(野老)」の字をあてた。「野にいる老人」の意味もある。

7月
 
2016年7月下旬撮影 雌花   2016年7月下旬撮影 雄花
 
2017年7月下旬撮影 雌花   左の写真のトリミング
8月
2016年8月上旬撮影 雌花 2016年8月上旬撮影
2016年8月上旬撮影 2016年8月上旬撮影
 
2016年8月上旬撮影   2016年8月上旬撮影
 
2016年8月上旬撮影 雄花   2016年8月上旬撮影
 
2016年8月上旬撮影   2016年8月上旬撮影
 
2016年8月上旬撮影   2016年8月上旬撮影
 
2016年8月中旬撮影   2016年8月中旬撮影
 
2016年8月下旬撮影   2016年8月下旬撮影
9月
 
2016年9月上旬撮影   2016年9月上旬撮影



inserted by FC2 system