皿ヶ嶺の植物図鑑 イワネコノメソウ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ユキノシタ科 
学名 Chrysosplenium echinus

関東地方以西の 主に太平洋側の落葉樹林帯の沢沿いや湿った林床などに生える草丈3〜12pの多年草。茎葉は2対が対生し、扇形または円腎形で長柄がある。萼裂片は花期に平開する。花盤は淡緑色で、雄しべは8個(まれに4個)。開裂直前の葯は橙赤色で花期は4〜5月。特徴は裂開直前の葯がオレンジ色をしていること。
名前の由来:果実が熟した時に、2本の花柱を突っ切るような割れ目を生じて開き、この形が猫の目のようであることによる。ただし、牧野はこの和名は上記の理由と説明を付けつつも、発想の元は猫児目晴草という漢名によるとし、またそれに当たる植物がトウダイグサであると述べている。

3月 
 
2015年3月中旬撮影  
 
2015年3月下旬撮影   2015年3月下旬撮影
4月
 
2014年4月上旬撮影   2015年4月上旬撮影
 
2015年4月中旬撮影   2016年4月中旬撮影
 
2017年4月中旬撮影  
5月
 
2014年5月上旬撮影   2017年5月上旬撮影
 
右上写真のトリミング  
 
2016年5月中旬撮影  
7月
 
2017年7月上旬撮影  
8月
 
2017年8月上旬撮影  



inserted by FC2 system