皿ヶ嶺の植物図鑑 イヌツゲ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 モチノキ科
学名 Ilex crenata

本州以南の日本各地に自生する常緑低木。通常は3〜5mほどの低木であるが、中には8〜15mもの大木に生長するものもある。枝は灰褐色。
乾燥した痩せ尾根から湿原の周辺まで、広い生育範囲を持っている。
葉は互生で、長さ1〜3cmほどの楕円形でやや厚く,表面には光沢がある。葉の縁には低い鋸歯があり、裏面は淡緑色で腺点が多く側脈は見えない。「ツゲ」と名が付くが、ツゲとは科が異なり、全くの別植物。
 明確な違いは、ツゲは葉を対生するが、イヌツゲは互生である。
雌雄異株である。5〜6月頃。径5〜7mmほどの黄白色の4弁花をつける。果実は秋に黒く熟し、径6〜7mm。
名前の由来:葉が櫛を作るツゲの木に似ているが、「非なるもの」の「非(イナ)」から転訛して「イヌ」となったらしい。別名ヨメノサラは、小さな皿に惣菜を盛るという嫁いびりの意味ではなかろうか。

3月
 
2016年3月中旬撮影   2016年3月中旬撮影
 
2017年3月中旬撮影   2017年3月中旬撮影
 
2017年3月中旬撮影  
7月
 
2015年7月中旬撮影  
11月
 
2015年11月上旬撮影  
 
2015年11月下旬撮影  
12月
 
2015年12月下旬撮影  



inserted by FC2 system