皿ヶ嶺の植物図鑑 アワコバイモ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ユリ科
学名 Fritillaria japonica

四国の山地や林縁に生える多年草で四国の固有種。春に開花。茎頂に1個の広鐘形の花を斜め下向きにつけ、花被片は6枚に別れる。
花弁の外側の突起が目立つ。紫褐色の網目状の斑紋が目立つ。葯は紫褐色で白色のミノコバイモと相違する。茎の先に5枚の葉をつけ、下の2枚は対生して長さ4〜6cmの披針形で上の3枚の葉は輪生して小さい。
 歌でよく知られたクロユリは近縁種。
名前の由来:貝母(バイモ)は、地下の球根が半分に割れて,中から新しい球根が生えてくる際の外側が貝の殻に見えることに由来するらしい。さらに,中国産のよりも小形なので,「コ」を付けた。これに地域性を表す「阿波」を冠した。

3月
 
2015年3月上旬撮影   2016年3月上旬撮影
 
2016年3月上旬撮影   2017年3月上旬撮影
 
2015年3月中旬撮影   2016年3月中旬撮影
 
2016年3月中旬撮影   2017年3月中旬撮影
2013年3月下旬撮影 2013年3月下旬撮影
2013年3月下旬撮影 2013年3月下旬撮影
2015年3月下旬撮影 2015年3月下旬撮影
 
2015年3月下旬撮影   2015年3月下旬撮影
 
2016年3月下旬撮影   2016年3月下旬撮影
 
2017年3月下旬撮影   2017年3月下旬撮影
4月
2014年4月上旬撮影 2015年4月上旬撮影
 
2015年4月中旬撮影   2015年4月中旬撮影
 
2017年4月中旬撮影   2017年4月中旬撮影
2014年4月下旬撮影   2015年4月下旬撮影
花が終わって萎んでいる状態
 
2015年4月下旬撮影   2015年4月下旬撮影
 
2017年4月下旬撮影  



inserted by FC2 system