皿ヶ嶺の植物図鑑 ヤシャビシャク 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ユキノシタ科
学名 Ribes ambiguum

本州・四国・九州、中国西部に点在する雌雄異株の落葉性の小灌木で、ブナなどの温帯林の老木に着生する。
早春(4〜5月)に緑白色の小さな花を咲かせる。花は梅の花に似た直径1p内外の淡黄緑色で、葉間に1〜2花下向きに開き、雌株に1p程の広楕円形の果実がつく。
葉はほぼ円形で浅く掌状に分裂し、葉と葉柄には毛が生えている。
名前の由来:深山幽谷の苔むした古木の人の手の届かない枝上などに生え、梅に似た白い花を咲かせるところから、夜叉の仕業と考えたからだと言われる。別名 テンノウウメとも呼ばれる。

3月 
 
2016年3月下旬撮影   左の写真のトリミング
4月
 
2016年4月中旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年4月中旬撮影  
 
2015年4月下旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年4月下旬撮影   2017年4月下旬撮影
 
右上写真のトリミング  
 5月
 
2015年5月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2015年5月上旬撮影   2017年5月上旬撮影
 
右上写真のトリミング  
 
2013年5月中旬撮影  
7月
 
2017年7月上旬撮影   左の写真のトリミング
8月
 
2014年8月下旬撮影  
10月
 
2014年10月下旬撮影   左の写真のトリミング



inserted by FC2 system