皿ヶ嶺の植物図鑑 ヤマジノホトトギス 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ユリ科
学名 Tricyrtis affinis

北海道西南部〜九州の草原や谷筋の樹林下などに生える、草丈30〜50pの多年草。茎には下向きの毛が密生する。葉は互生。狭長楕円形で先端が急に尖り、基部は茎を抱く。
花期は8〜10月。花は茎頂と葉腋に1〜2個ずつつき、開花時には上向きに咲いて花被片は平開し、紫色の斑点がある。
雌蕊は中央にあり、柱頭は大きく3つに分かれ、紫色の斑点があるが、基部の花柱には斑点はない。雄蕊は6本あり、見た目には3つに別れた雌蕊の柱頭の間に3本あるが、残りの3本は反り返っている柱頭の先端の下にくっついている。雄蕊には紫色の斑点はない。
名前の由来:山路でよく出会うホトトギスの意味。「ホトトギス」は花弁の斑点を、鳥のホトトギスの胸にある斑点になぞられて付けられたものである。

1月
 
2018年1月中旬撮影  
 7月
 
2014年7月中旬撮影   2015年7月中旬撮影
 
2016年7月下旬撮影   2017年7月下旬撮影
8月
 
2016年8月上旬撮影   2016年8月上旬撮影
 
2013年8月中旬撮影   2013年8月中旬撮影
 
2015年8月中旬撮影   2016年8月中旬撮影
 
2012年8月下旬撮影   2012年8月下旬撮影
 
2016年8月下旬撮影   2016年8月下旬撮影
9月
 
2014年9月上旬撮影   2016年9月上旬撮影
 
2017年9月上旬撮影  
 
2014年9月中旬撮影  
 
2017年9月下旬撮影  
10月
 
2016年10月上旬撮影  
page top



inserted by FC2 system