皿ヶ嶺の植物図鑑 ヤマフジ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 マメ科
学名 Wisteria brachybotrys

近畿地方〜九州に分布し、低山の林縁や明るい樹林内にある高木に巻きついて樹冠に達する つる性の落葉木本。フジに似ているが、ツルの巻く方向が反対で、下から上に向かって時計回りに巻き上がること、花序は長く伸びずに、球形に近い形であることで区別できる。
葉は15〜25cmの奇数羽状複葉で互生する。小葉は5〜7対あり、長さ4〜7cmの卵状長楕円形で質は薄く全縁。托葉は早く落ちる。
花期は4〜5月。葉腋から長さ10〜20cmの総状花序を下垂して、紫色の蝶形の花を多数つける。花の紫色はフジに比べて色濃く、時に白色のものもある。
果実は長さ15〜20cmの豆果で表面に短毛が密生する。秋、熟して乾燥するとねじれて裂開し、径1.3cm程の黒紫色の種子を遠くに飛ばす。
名前の由来:昔、蔓から藤布を作った作業工程の「経(タテイト)を打つ」ことから「経(フ)打(ウ)ち」となり、それが変化したらしい。「山」は、フジと区別されるためで、山地以外にも自生する。
※ 樹に巻きついて締め殺すこともあり、林業では有害植物とされる。

3月
 
2017年3月中旬撮影   左の写真のトリミング
4月
 
2014年4月下旬撮影  
5月
 
2016年5月上旬撮影   2016年5月上旬撮影
 
2017年5月上旬撮影  
 
2015年5月中旬撮影   2015年5月中旬撮影
 
2016年5月中旬撮影   2017年5月中旬撮影
 
2017年5月中旬撮影  
7月
 
2014年7月中旬撮影    



inserted by FC2 system