皿ヶ嶺の植物図鑑 ヤマアワ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 イネ科
学名 Calamagrostis epigeios

日本全土の湿地、休耕田、河川敷など、湿った草地に生える、草丈1m内外の多年草。短い根茎を出して繁殖する。茎は直径約5mmの円柱形で硬く、直立して群生することが多い。
葉は長さ20〜40cm位の細長い線形で、上部は次第に鋭く尖る。両面ともにざらつき、縁には細かな縁歯がある。葉鞘の先端部分にある膜状の葉舌は3〜6mmの長さがありよく目立つ。
 花期は7〜9月。茎の頂に15〜20cmの円柱状の円錐花序をつける。花序枝は短く、密に多数の小穂となる。小穂は線状披針形で極めて細長く、長さ5〜8mmの1小花からなる。開花初期の頃は黄緑色をしているが、次第に褐色を帯びる。小花の基部(基盤)には長白毛がある。
名前の由来:花序が粟(アワ)に似て山地に多いことからきている。

7月
 
2017年7月下旬撮影   2017年7月下旬撮影
8月
 
2013年8月上旬撮影   2014年8月上旬撮影
 
2017年8月上旬撮影   2017年8月上旬撮影
 
2014年8月中旬撮影   2016年8月中旬撮影
 
右上写真のトリミング  
 
2013年8月下旬撮影  
9月
 
2017年9月上旬撮影  
 
2017年9月中旬撮影   2017年9月中旬撮影
 
右上写真のトリミング  
10月
 
2015年10月中旬撮影  
11月
 
2015年11月中旬撮影  



inserted by FC2 system