皿ヶ嶺の植物図鑑 ツルリンドウ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 リンドウ科 
学名 Tripterospermum japonicum

北海道〜九州の山地の木陰に生えるつる性多年草。茎は細長く、近くの草木にからんで長さ80cmになる。つるは紫色を帯びる。対生の葉は5〜15mmの葉柄があり、裏面は紫色を帯び葉脈の3本が目だつ。
 8〜10月頃、葉の脇に2〜5個のリンドウに似た約3cmの先が5裂した鐘形の花をつける。花の色は淡紫色からほとんど白色であり、秋〜冬に真っ赤な、約1センチの楕円球形の液果が目立つ。
名前の由来:実は生薬として利用されるのだが、非常に苦いとされている"熊の胆"よりも苦いため、"熊の胆よりも苦い竜の胆"と言う所から竜胆と書き、音読みをしてリンドウと呼ぶ。その中でも本種はつる性であるため、ツルリンドウと呼ぶ。

1月
 
2016年1月上旬撮影   2017年1月上旬撮影
 
2017年1月上旬撮影  
2月
 
2017年2月上旬撮影  
 
2016年2月下旬撮影   2017年2月下旬撮影
3月
 
2017年3月上旬撮影  
2016年3月中旬撮影 2017年3月中旬撮影
 
2015年3月下旬撮影   2016年3月下旬撮影
4月
 
2017年4月上旬撮影  
 
2016年4月中旬撮影  
7月
 
2017年7月中旬撮影  
8月
2014年8月中旬撮影
 
2013年8月下旬撮影   2016年8月下旬撮影
9月
 
2014年9月上旬撮影   2016年9月上旬撮影
2015年9月中旬撮影 2017年9月中旬撮影
 
2017年9月中旬撮影  
 
2014年9月下旬撮影  
10月
2013年10月上旬撮影 2014年10月上旬撮影
 
2014年10月上旬撮影   2016年10月上旬撮影
 
2014年10月下旬撮影   2017年10月下旬撮影
11月
 
2017年11月上旬撮影   2017年11月上旬撮影
 
2015年11月中旬撮影   2016年11月中旬撮影
 
2016年11月下旬撮影   2016年11月下旬撮影
12月
 
2016年12月上旬撮影  
 
2015年12月中旬撮影   2015年12月中旬撮影
 
2015年12月中旬撮影   2016年12月中旬撮影
 
2015年12月下旬撮影   2016年12月下旬撮影



inserted by FC2 system