皿ヶ嶺の植物図鑑 ツルアリドオシ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 アカネ科 
学名 Mitchella undulata

日本全土の湿り気がある林内で地面を這う常緑つる性の多年草。
茎は立ち上がることなく長さ10〜40cmになり、節々から根をだす。
葉は対生し、深緑色で艶があり厚く無毛である。長さ1〜1.5cmの卵形で先端は短く尖り、ふちはやや波打っている。
花期は6〜7月。枝先に長さ5mmほどの花茎を出し、その先に白い花を必ず2個並べてつけるが、それぞれの花の基部にある子房は互いにくっついている。花冠の先端は4裂し、大きく開いた裂片の内側は白毛が密生している。雄しべは4個、雌しべは1個で細く、先端は4裂する。
果実は合着した2つの子房がまとまって球形に膨らんだもので、熟すと真っ赤になり、頂に2つの花のあとが残る。
名前の由来:本種には刺が無いが、葉の形や付き方、真っ赤な実など様々な特徴が、アリドオシ(蟻をも突き刺すような鋭い刺をもつことから命名された)に似て、つる性であることによる。

7月
2014年7月中旬撮影 2015年7月中旬撮影
2015年7月中旬撮影 2016年7月中旬撮影
8月
 
2017年8月上旬撮影  
9月
2015年9月中旬撮影 2017年9月中旬撮影
 11月
 
2015年11月下旬撮影  
12月
 
2015年12月下旬撮影  



inserted by FC2 system