皿ヶ嶺の植物図鑑 シンミズヒキ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 タデ科
学名 Antenoron neo-filiforme

本州〜九州の山林の縁などに生える、草丈30〜80cmの多年草。茎は中空で直立し、上部には伏した毛があり、分岐部分は膨れている。
葉は互生。短い柄があり、葉身は長さ8〜20cmの長楕円形で、両端は長く尖る。葉質はやや厚く、両面は無毛または短毛がまばらにある。
花期は8〜10月。枝先に長い鞭状の花序を出し、花穂は節間が狭く、托葉鞘と托葉鞘の間がほとんどないため、花が並んで密集している。
花弁はなく、蕚片は4個あり、卵形で上部は赤く、下部は白い。雄蕊は5本、花柱の先はかぎ状に曲がる。
果実はそう果で、長さ3mm前後の長卵形でレンズ状。
名前の由来:「新水引」で、従来のミズヒキに対して、新型のミズヒキの意味らしい。ミズヒキは、花穂を水引にたとえたもの。
※ ミズヒキに比べて、葉が細長くて厚く、ほぼ無毛であること。
花穂の節間が狭く、花が密集して付くことなどで区別できる。

1月
 
2017年1月上旬撮影   2017年1月上旬撮影
 
2018年1月上旬撮影   2018年1月上旬撮影
 
2018年1月中旬撮影   左の写真のトリミング
3月
 
2017年3月上旬撮影   2017年3月上旬撮影
 
2017年3月中旬撮影   2017年3月中旬撮影
 
2018年3月中旬撮影   2018年3月中旬撮影
 
2017年3月下旬撮影   2017年3月下旬撮影
 
2017年3月下旬撮影   左の写真のトリミング
 
2018年3月下旬撮影   2018年3月下旬撮影
5月
 
2017年5月上旬撮影   2017年5月上旬撮影
 
2017年5月中旬撮影   2017年5月中旬撮影
 
2018年5月中旬撮影  
 
2017年5月下旬撮影   2017年5月下旬撮影
 
2018年5月下旬撮影  
6月
 
2017年6月上旬撮影   2017年6月上旬撮影
 
2018年6月上旬撮影  
 
2017年6月中旬撮影  
 
2018年6月下旬撮影  
7月
 
2017年7月上旬撮影  
 
2017年7月下旬撮影  
8月
 
2017年8月上旬撮影  
 
2017年8月中旬撮影   2017年8月中旬撮影
 
2017年8月中旬撮影   2017年8月中旬撮影
 
2017年8月下旬撮影   2017年8月下旬撮影
 
右上写真のトリミング  
9月
2016年9月上旬撮影 2016年9月上旬撮影
右上写真のトリミング 葉先が細長い 2016年9月上旬撮影
 
2017年9月上旬撮影   左の葉の表側の拡大
 
上の葉の裏側   裏側の拡大
 
2017年9月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年9月上旬撮影   2017年9月上旬撮影
 
2017年9月下旬撮影   2017年9月下旬撮影
10月
 
2016年10月上旬撮影   2016年10月上旬撮影
 
2016年10月上旬撮影   2016年10月上旬撮影
 
2016年10月下旬撮影   2017年10月下旬撮影
 
2017年10月下旬撮影   左の写真のトリミング
11月
 
2017年11月上旬撮影   2017年11月上旬撮影
 
2016年11月下旬撮影   2016年11月下旬撮影
12月
 
2017年12月上旬撮影   2017年12月上旬撮影
page top



inserted by FC2 system