皿ヶ嶺の植物図鑑 シコクカッコソウ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 サクラソウ科
学名 Primula kisoana var. shikokiana

関東地方北部に分布するカッコソウの変種であり、四国山地の固有種で、絶滅危惧種として登録されている。山地の落葉樹林の林床や斜面に自生する、草丈10〜20cmほどの多年草。
葉には長い柄があり,基部が心形の広円形で径5〜12cm。縁に掌状の浅い切れ込みがあり、表面にはっきりと分かる皺(しわ)があり、花茎と厚い葉の表面には白い毛が密生する。
花期は4〜5月。太い花茎を伸ばして、先に総状花序を出し、径2〜3cmの紅紫色の花を数個つける。花冠は先で5つに分かれ、それぞれの裂片の先は浅く2つに裂ける。花の中心が黄色くなるのが特徴。
名前の由来:カッコウの鳴く頃に咲くので郭公草と呼ばれているらしいが、定かではない。
(絶滅危惧種)

4月
 
2014年4月中旬撮影   2016年4月中旬撮影
 
2016年4月中旬撮影   2016年4月中旬撮影
 
2017年4月中旬撮影  
2012年4月下旬撮影 2012年4月下旬撮影
2013年4月下旬撮影 2015年4月下旬撮影
2015年4月下旬撮影 2015年4月下旬撮影
 
2015年4月下旬撮影   2016年4月下旬撮影
 
2017年4月下旬撮影   2017年4月下旬撮影
5月
2012年5月上旬撮影   2015年5月上旬撮影
 
2015年5月上旬撮影   2017年5月上旬撮影
 
2017年5月上旬撮影   2017年5月上旬撮影
 
2013年5月中旬撮影   2016年5月中旬撮影
 
2017年5月中旬撮影  
 
2015年5月下旬撮影   左の写真のトリミング
6月
 
2016年6月上旬撮影   2016年6月上旬撮影
 
2017年6月上旬撮影   左の写真のトリミング
7月
 
2016年7月上旬撮影   左の写真のトリミング
9月
 
2016年9月上旬撮影  
10月
 
2015年10月中旬撮影  
11月
 
2016年11月中旬撮影 群生地   2016年11月中旬撮影
 
2016年11月下旬撮影  



inserted by FC2 system