皿ヶ嶺の植物図鑑 ニワトコ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 スイカズラ科
学名 Sambucus racemosa ssp. sieboldiana

本州〜九州の山野の林縁に生える落葉低木で、ときに樹高6mほどになる。下部からよく分枝し、若い枝は緑色だが次第に灰色に変わり、褐色の丸い皮目が目立つ。幹の古い樹皮は黒褐色で深いひび割れが入る。
葉は対生し、奇数羽状複葉で長さ40cm程になる。花のつく枝の小葉は2〜3対、花のつかない枝では3〜6対となる。小葉は長さ3〜10cm、幅1〜4cmの長楕円形〜広披針形で、先は鋭くとがり、基部は円いくさび形。縁には細鋸歯がある。小葉の葉脈上に毛があり、裏面は無毛。
花期は4〜5月。本年枝の先に3〜10cmの円錐花序を出し、小さな花を多数付ける。花はふつう黄白色、ときに淡紫色を帯びる。花冠は径3〜5mmで5裂して反りかえり、かすかに匂いがある。雄蕊は5個で花弁より短い。子房は鐘状で3室からなる。
果実は核果。長さ3〜5mmの卵球形で、6〜8月に暗赤色に熟す。
名前の由来:枝を煮詰めてもので湿布するなどの他、発汗、解熱や利尿などにもよく使われ、庭に常に植えられていたので、ニワトコ(庭常)と呼ばれるようになった等、諸説ある。
※ 若い枝から抜き出した海綿状の髄を乾燥させたものは、顕微鏡観察用の生物組織切片つくる時の支持材(ピス)として利用されている。

3月
 
2017年3月中旬撮影  
 
2016年3月下旬撮影   2016年3月下旬撮影
4月
 
2015年4月上旬撮影   2016年4月上旬撮影
 
2016年4月上旬撮影   2016年4月上旬撮影
 
右上写真のトリミング   2017年4月上旬撮影
 
2017年4月中旬撮影  
 
2016年4月下旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年4月下旬撮影   2017年4月下旬撮影
7月
 
2014年7月上旬撮影  
11月
 
2015年11月上旬撮影  
 
2015年11月下旬撮影   2015年11月下旬撮影
 
右上の写真のトリミング  



inserted by FC2 system