皿ヶ嶺の植物図鑑 ニッコウネコノメソウ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ユキノシタ科
学名 Chrysosplenium macrostemon var. shiobarense

イワボタンの変種のひとつ。東北以西の山地・低山の沢沿いなど、特に湿気の多いところによく見られる。
茎は暗紫色を帯び、無毛。葉は対生し、葉身の長さは0.5〜1.5p。葉の基部は楔形で先の部分に鋸歯がある。花期には根生葉がない。
下部の苞は暗紫色で、上部の苞は鮮黄色。萼裂片は黄緑色である。
4〜5月の花の時期には、萼裂片と共に 花の一つ1つがよく平開する。雄しべは長く普通8本、葯は暗紅紫色で、後に黒に変色する。
名前の由来:日光(栃木県)で発見された。ネコノメソウは、結実した様子が、猫の昼間の目に似て細いところから命名された。

1月
 
2016年1月上旬撮影   2017年1月上旬撮影
 
2016年1月下旬撮影  
2月
2015年2月中旬撮影 2016年2月中旬撮影
 
2016年2月中旬撮影   2017年2月中旬撮影
 
2016年2月下旬撮影   2017年2月下旬撮影
3月
 
2015年3月上旬撮影    2016年3月上旬撮影
 
2017年3月上旬撮影  
 
2015年3月中旬撮影   2017年3月中旬撮影
 
2017年3月中旬撮影  
 
2015年3月下旬撮影   2015年3月下旬撮影
 
2016年3月下旬撮影   2017年3月下旬撮影
4月
 
2013年4月上旬撮影   2015年4月上旬撮影
 
2016年4月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年4月上旬撮影  
 
2013年4月中旬撮影   2015年4月中旬撮影
 
2015年4月中旬撮影   2016年4月中旬撮影
 
2016年4月中旬撮影   2017年4月中旬撮影
 
2017年4月中旬撮影  
 
2015年4月下旬撮影   2017年4月下旬撮影
 
2017年4月下旬撮影   2017年4月下旬撮影
5月
 
2013年5月上旬撮影   2015年5月上旬撮影
 
2015年5月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2016年5月上旬撮影   2016年5月上旬撮影
 
2016年5月上旬撮影  
 
2015年5月中旬撮影   2016年5月中旬撮影
 
2012年5月下旬撮影   2016年5月下旬撮影
 
2016年5月下旬撮影   左の写真のトリミング
8月
 
2016年8月上旬撮影  
9月
 
2016年9月上旬撮影   2016年9月上旬撮影
10月
 
2016年10月下旬撮影   2016年10月下旬撮影
12月
 
2016年12月中旬撮影  
 
2015年12月下旬撮影   左の写真のトリミング



inserted by FC2 system