皿ヶ嶺の植物図鑑 ナツツバキ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ツバキ科
学名 Stewartia pseudo-camellia

宮城県以西に自生している樹高10m余になる落葉高木。庭木としてもよく植えられてもいる。樹皮はスベスベしていて、薄く剥げ落ちた跡が、赤褐、灰白、灰褐色などの模様になる。
葉は互生し、楕円形で表面は無毛、裏面には絹毛がある。やや厚い膜質で、縁には小さい鋸歯がある。
花は6〜7月に、葉腋から出る花柄に単生する。花の大きさは直径5cm程度で、花弁には繊細なしわがある。5枚の花弁の縁には、細かい鋸歯があり、最も外側の1枚はやや緑色を帯びている。雄しべは密集し花糸は黄色い。 朝に開花し、夕方には落花する一日花である。花の後にできる実はさく果で熟すと5裂する。
名前の由来:花の形が椿によく似ていて、夏に開花することから。シャラノキと呼ばれるが、お釈迦様が修行した沙羅樹とは別種である。

5月
2015年5月中旬撮影 2015年5月中旬撮影
6月
2015年6月下旬撮影 2015年6月下旬撮影
7月
 
2017年7月中旬撮影   左の写真のトリミング



inserted by FC2 system