皿ヶ嶺の植物図鑑 ナガバモミジイチゴ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 バラ科
学名 Rubus palmatus

中部地方以西に分布する落葉低木。茎は直立するが上部は傾き、葉の展開直後に白い花を下向きに咲かせる。花期は4月。花弁は5個で楕円形または長楕円形。果実は6月頃に橙黄色に熟しておいしい。
葉はカエデのように浅く裂け、全体に縦長な形になりやすいが変異が多い。葉柄や裏面の脈上にも鈎形の刺がある。
名前の由来:西日本の代表的な木苺。葉が浅く裂け、モミジの葉のような形状をし、 本種はその中でも、3裂した中央が長くなるため ナガバモミジイチゴと呼ばれる。変種の「モミジイチゴ」は東日本に分布。

1月
 
2017年1月上旬撮影   左の写真のトリミング
2月
 
2017年2月中旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年2月下旬撮影  
3月
 
2017年3月上旬撮影  
 
2016年3月中旬撮影   2017年3月中旬撮影
 
2016年3月下旬撮影   2017年3月下旬撮影
4月
2015年4月上旬撮影 2015年4月上旬撮影
2015年4月上旬撮影 2016年4月上旬撮影
 
2017年4月上旬撮影  
 
2016年4月中旬撮影   2016年4月中旬撮影
 
2017年4月中旬撮影  
 
2016年4月下旬撮影   2017年4月下旬撮影
 
2017年4月下旬撮影  
5月
 
2017年5月上旬撮影   左の写真のトリミング
2015年5月中旬撮影 2016年5月中旬撮影
 
2016年5月下旬撮影   2017年5月下旬撮影
6月
2015年6月上旬撮影   2016年6月上旬撮影
 
2017年6月上旬撮影  
 
2017年6月中旬撮影  
 
2017年6月下旬撮影  
7月
 
2015年7月上旬撮影  
9月
 
2015年9月中旬撮影  
10月
 
2014年10月中旬撮影  
 
2016年10月下旬撮影   2016年10月下旬撮影
11月
 
2014年11月上旬撮影  
12月
 
2015年12月中旬撮影   左の写真のトリミング
 
2016年12月中旬撮影  



inserted by FC2 system