皿ヶ嶺の植物図鑑 モミジウリノキ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ウリノキ科 
学名 Alangium platanifolium

北海道〜九州の落葉樹林のへりや林内の斜面に生える、樹高3mほどの落葉低木で、ウリノキの変種。樹皮は灰色で、まるい皮目がある。
葉は互生。葉柄は約10p。葉身は長さ幅とも7〜20cm、掌状に深く3〜5裂し、裂片は鋭くとがる。基部はややハート形。質は薄く、表面には軟毛が散生し、裏面には密生する。
花期は6〜7月。葉腋から集散花序を出し、白い花を数個吊り下げる。
白い花弁は長さ3〜3.5cmの線形で6枚。それぞれが外側に強くめくれ上がり、その間から黄色いおしべの束が突き出ていて美しい。
果実は核果。長さ7〜8mmの楕円形で、秋になると藍色に熟す。
名前の由来:葉の形が瓜の葉に似ていることから命名されたウリノキがあるが、本種の葉は、ウリノキの葉よりもモミジ状に深く裂けているから。

5月
2015年5月上旬撮影 2016年5月上旬撮影
 
2017年5月上旬撮影  
 
2016年5月中旬撮影   2017年5月中旬撮影
 
2016年5月下旬撮影   2016年5月下旬撮影
 
2016年5月下旬撮影   2017年5月下旬撮影
6月
2014年6月上旬撮影 2015年6月上旬撮影
 
2016年6月上旬撮影   2017年6月上旬撮影
2014年6月中旬撮影   2017年6月中旬撮影
 
2013年6月下旬撮影   2013年6月下旬撮影
 
2015年6月下旬撮影   2016年6月下旬撮影
 
2017年6月下旬撮影  
7月
 
2016年7月上旬撮影  
 
2014年7月下旬撮影   2016年7月下旬撮影
 
2016年7月下旬撮影   2017年7月下旬撮影
8月
 
2017年8月上旬撮影  
 
2014年8月中旬撮影   2015年8月中旬撮影
 
2017年8月中旬撮影  
10月
 
2014年10月中旬撮影  



inserted by FC2 system