皿ヶ嶺の植物図鑑 ミズメ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 カバノキ科 
学名 Betula grossa

岩手県以南〜九州に生育する樹高25mほどになる落葉高木。
樹皮は灰黒色で横長の皮目が並び、不規則に裂けて剥げ落ちる。
葉は有柄で、新しい枝(長枝)に互生し、翌年からは短枝に2枚ずつつく。葉身は長さ5〜10cmの卵状楕円形で、先は尖らず基部は浅い心形。縁には鋭い鋸歯がある。両面ともに軟毛がまばらに生え、10〜15対の支脈が斜めに並行している。
開花は4〜5月。雌雄同株で雌雄異花。雌花の穂は雄花の花序よりも下にある短枝の頂に1つずつ上向きに付く。雄花の尾状花穂は長さ5〜7cmの細い円柱形で、長枝の先端部に葉芽の開出と同時期に下垂して、黄褐色の小さな花を多数つける。果穂は雌花のそのままの形で太くなる。
名前の由来:樹皮を傷つけると、透明な水のような樹液が浸み出ることからの名とされる。
本種の特徴は、樹皮を削るとサロメチールの臭いがすること。
※皇太子徳仁親王(浩宮様)のお印になっている。
日本固有種

5月
 
2015年5月中旬撮影   2015年5月中旬撮影
 
2015年5月中旬撮影   2015年5月中旬撮影
 
2016年5月下旬撮影   2016年5月下旬撮影
 
2016年5月下旬撮影   左の写真のトリミング
6月
 
2017年6月上旬撮影  
7月
 
2017年7月中旬撮影   左の写真のトリミング
8月
 
2016年8月上旬  葉が2枚ずつ出る   2016年8月上旬撮影
 
2017年8月中旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年8月中旬撮影   左の写真のトリミング
9月
 
2014年9月中旬撮影   2014年9月中旬撮影



inserted by FC2 system