皿ヶ嶺の植物図鑑 ミヤマムグラ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 アカネ科
学名 Galium paradoxum

日本全土の山地の林下に生える、草丈20cm程度の多年草。茎はやや軟弱で細く直立し、下部ではほとんど分枝しない。
葉は下部では2枚が対生。中上部は4枚輪生するが、葉の向かい合った2枚が小さく、別の2枚は大きい。葉柄は1cm内外、葉は長さ1〜3cmの卵形で先が尖る。同様な場所で見られるクルマムグラは葉が6個輪生する。
花期は7〜8月。茎頂の短い花序に少数の白色花をつける。花は径3oほどで花冠は元まで4裂し、裂片は卵形で平開する。雄蕊は4本。子房には、先がかぎ型に曲がった刺毛が密に生えている。
果実は径1.5mmほどの丸い双頭状で、長い鈎状の毛が密生している。
名前の由来:山奥に生えるヤエムグラやクルマムグラの仲間。ミヤマは深山、ムグラ(葎)は繁茂して薮のようになるという意味。

5月
 
2017年5月下旬撮影  
6月
 
2015年6月上旬撮影   2017年6月上旬撮影
 
2014年6月中旬撮影   2014年6月中旬撮影
 
2014年6月中旬撮影  
7月
 
2017年7月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年7月中旬撮影   左の写真のトリミング



inserted by FC2 system