皿ヶ嶺の植物図鑑 コウヤボウキ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 キク科
学名 Pertya scandens

関東〜九州の日当たりのよい林縁などに生える、樹高60〜100cmの落葉小低木。特に明るいアカマツの二次林に多い。枝は灰褐色で短い毛が生え、細くてよく枝分かれをする。茎は細いが木質化していて硬い。
本年枝の葉は広い卵形で、周辺には突起状の鋸歯が数個ある。2年枝には細長い葉が3〜5枚が束生し、鋸歯はほとんどない。
花期は10月頃で、本年枝の先に1.5〜2cmほどの白〜淡紅色の頭花をつける。花びらは細く、先端がくるっと巻いている。
果実はそう果で約6mmほど。毛が密生し、先端には赤褐色の冠毛がある。
名前の由来:昔、和歌山県 高野山では、弘法大師の教えで花樹や竹などの植栽を禁じられていたため、この植物で箒を作って用いられていたことによる。

1月
 
2016年1月上旬撮影   2017年1月上旬撮影
2月
 
2016年2月上旬撮影   2016年2月上旬撮影
 
2017年2月上旬撮影  
 
2017年2月中旬撮影  
 
2017年2月下旬撮影   2017年2月下旬撮影
3月
 
2016年3月下旬撮影   2016年3月下旬撮影
 
2017年3月下旬撮影   2017年3月下旬撮影
4月
 
2017年4月上旬撮影  
 
2016年4月中旬撮影  
 
2016年4月下旬撮影   2016年4月下旬撮影
 
2017年4月下旬撮影  
5月
 
2016年5月上旬撮影   2017年5月上旬撮影
 
2017年5月中旬撮影  
 
2016年5月下旬撮影  
6月
 
2017年6月上旬撮影  
 
2016年6月下旬撮影  
7月
 
2017年7月上旬撮影  
 
2017年7月下旬撮影  
8月
 
2017年8月上旬撮影  
 
2017年8月下旬撮影  
9月
 
2017年9月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2016年9月中旬撮影  
 
2016年9月下旬撮影   2016年9月下旬撮影
 
2016年9月下旬撮影   2017年9月下旬撮影
 
右上写真のトリミング  
10月
2015年10月上旬撮影 2015年10月上旬撮影
2015年10月上旬撮影 2016年10月上旬撮影
 
2016年10月上旬撮影  
 
2015年10月中旬撮影   2015年10月中旬撮影
 
2016年10月中旬撮影  
2015年10月下旬撮影 2015年10月下旬撮影
右上写真のトリミング   2016年10月下旬撮影
11月
 
2015年11月上旬撮影   2015年11月上旬撮影
 
右上写真のトリミング  
 
2015年11月中旬撮影   2016年11月中旬撮影
 
2016年11月下旬撮影  
12月
 
2015年12月中旬撮影   左の写真のトリミング
 
2015年12月中旬撮影   2016年12月中旬撮影
 
2016年12月下旬撮影  



inserted by FC2 system