皿ヶ嶺の植物図鑑 キツリフネ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ツリフネソウ科 
学名 Impatiens noli-tangere

北海道〜九州の山野の水辺や湿っぽい半日陰に群生する、草丈40〜80cmの1年草。茎はやや赤みを帯び、節の部分は膨らむ。
葉は有柄で互生し、葉身は長さ5〜10cmの長楕円形。葉先は尖らず、縁には粗い鈍鋸歯がある。(他のツリフネソウの葉先・鋸歯は尖る。)
花期は6〜9月。葉腋から出る細長い花柄の先に3〜4 cm程の横長で黄色い花 数個を吊り下げる。花弁は3枚あるが、下の2枚が合着して左右相称の唇弁となり、内面に赤褐色の斑点がある。太い袋状部は萼で、基部が距になる。後ろに突き出る距は渦状にならず、ゆるく下に曲がる。5本の雄蕊は花糸が短く、葯は連なってひと塊になっている。
果実は長さ2cmほどの細長いさやの様な刮ハ。熟すと果皮が勢いよく反転して種子を飛ばす。全草に腹痛、嘔吐を起こさせる毒性がある。
名前の由来:「黄釣船」で、細い花柄に吊り下がる花が黄色い釣り船のようだという意味

6月
 
2018年6月下旬撮影   2018年6月下旬撮影
 
2018年6月下旬撮影   2018年6月下旬撮影
7月
 
2015年7月上旬撮影   2017年7月上旬撮影
 
2018年7月中旬撮影  
 
2016年7月下旬撮影   2016年7月下旬撮影
 
2017年7月下旬撮影  
8月
 
2016年8月上旬撮影  
 
2016年8月中旬撮影   2016年8月中旬撮影
 
2017年8月中旬撮影  
 
2016年8月下旬撮影  
9月
 
2017年9月上旬撮影  
 
2013年9月中旬撮影   2013年9月中旬撮影
 
2017年9月下旬撮影  
page top



inserted by FC2 system