皿ヶ嶺の植物図鑑 カマツカ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 バラ科 
学名 Pourthiaea villosa var. laevis

北海道〜九州の山地の林縁に生える高さ5〜7mになる落葉小高木。
樹皮は暗灰色で斑紋状にシワがある。長く伸びて葉をまばらにつける長枝と、あまり伸びずに葉を密につける短枝があり、長枝では葉が互生するのが特徴(短枝では、葉は対生かあるいは3枚の輪生状)。
葉は長さ4〜7cm。洋紙質で鋭い鋸歯があり、両面殆ど無毛。
4〜6月 短枝の先の複散房花序に多数の白い小さな五弁花をつける。花の中心は先端で3裂する雌しべがあり、その周囲に20本の雄しべがある。果実は長さ8〜10mmのナシ状果で、10〜11月に赤く熟す。果柄にはいぼ状の皮目が多い。
名前の由来:この材が強靭で折れ難いので、鎌などの道具の柄に使われたことから「鎌柄」となった言うのが通説。別名「牛殺し」は、樹皮をむいて曲げ、農耕用の牛の鼻輪に使用したことから。

5月
 
2015年5月上旬撮影  
 
2015年5月中旬撮影   2016年5月中旬撮影
 
2016年5月中旬撮影  
 
2015年5月下旬撮影   2015年5月下旬撮影
 
2017年5月下旬撮影   2017年5月下旬撮影
6月
 
2014年6月上旬撮影   2014年6月上旬撮影
 
2014年6月上旬撮影   2015年6月上旬撮影
 
2016年6月上旬撮影   2016年6月上旬撮影
 
2017年6月上旬撮影  
 
2014年6月中旬撮影   2016年6月中旬撮影
7月
 
2016年7月上旬撮影   2016年7月上旬撮影
 
2014年7月中旬撮影  
 
2016年7月下旬撮影   左の写真のトリミング
 
2017年7月下旬撮影  
8月
 
2017年8月中旬撮影   左の写真のトリミング
10月
 
2014年10月上旬撮影  
 
2014年10月中旬撮影   2015年10月中旬撮影
 
2016年10月下旬撮影  



inserted by FC2 system