皿ヶ嶺の植物図鑑 フシグロセンノウ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 ナデシコ科 
学名 Lychnis miqueliana

日本の固有種で、本州〜九州の山地の林下などに自生する多年草。
7月から10月にかけ、野草では珍しい色の朱赤色の5 弁花の花を、分枝した茎の先にまばらに数個付ける。
茎は直立して高さは40〜90 cmになる。節の部分がやや太くなって黒ずむのは名前の通り。葉は茎の中部から下につき、対生して長さ5〜14cmで縁と脈上に毛がある。     
名前の由来:センノウ(ナデシコ科)は京都嵯峨にあった仙翁寺(せんのうじ)で見つかった植物。フシグロは茎の節が黒褐色になることから付けられた。

6月
 
2018年6月中旬撮影  
 
2018年6月下旬撮影  
7月
 
2018年7月中旬撮影  
 
2016年7月下旬撮影   2016年7月下旬撮影
8月
 
2016年8月上旬撮影   2017年8月上旬撮影
 
2017年8月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2013年8月下旬撮影   2017年8月下旬撮影
9月
 
2015年9月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2013年9月上旬撮影   2015年9月上旬撮影
 
2016年9月上旬撮影  
 
2017年9月中旬撮影   2017年9月中旬撮影
 
2012年9月下旬撮影  
10月
 
2017年10月上旬撮影  
11月
 
2017年11月上旬撮影  
page top



inserted by FC2 system