皿ヶ嶺の植物図鑑 ホオノキ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 モクレン科
学名 Magnolia hypoleuca

日本全土の平地や山地の林中に生える樹高20m以上、直径1mにもなる雌雄同株の落葉高木。樹皮は灰白色、平滑できめが細かく皮目が多い。
葉は枝先に輪生状に互生する。葉柄は長さ3〜4cmと短いが、葉身は長さ40cm以上になる幅広の倒卵型で鋸歯はない。葉質は厚く、裏面は白い粉を吹き、軟毛が散生する。縁は全縁で波状になる。
花期は5〜6月。枝先に径約15cmの黄白色で芳香がある大きな花を、上向き開く。萼片は3枚、淡緑色で一部紅色を帯びている。花弁は約9枚、初めは白色、後に黄変する。中央部には、多数の雄蕊と雌蕊がらせん状に集まってつく。雄蕊は長さ2cmほどで花糸は鮮紅色、葯は黄白色。
果実は袋果が集まった集合果で、多数の赤褐色の袋の中に長さ1cmほどの種子が0〜2個あり、熟すと、赤い種子が糸で垂れ下がる。
名前の由来:別名:ホオガシワが元の名。「ホオ」は「大」、「カシワ」は食物を載せる大型の葉、「炊(かし)ぐ葉」が語源。本種名「ホオ」は、食物を包む意「包(ホウ)」から転化したとの説もある。
日本固有種

6月
 
2017年6月下旬撮影   2017年6月下旬撮影
7月
 
2016年7月下旬撮影   2017年7月下旬撮影
10月
 
2015年10月下旬撮影   2015年10月下旬撮影



inserted by FC2 system