皿ヶ嶺の植物図鑑 ヒヨドリバナ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 キク科
学名 Eupatorium chinense var. oppositifolium

山道の路傍や草原などに広く生育する多年草。葉の形などには幅広い変異がある。
花だけ見ると、フジバカマ(秋の七草)に似ていて見分けが難しい。
フジバカマの葉は深く3裂するが、ヒヨドリバナの葉には切り込みがない。乾かすとフジバカマはよい香りがするのに対し、ヒヨドリバナには香りがない。
名前の由来:ヒヨドリが里に降りてくる頃に花が咲くことから名づけられた。

7月
 
2016年7月上旬撮影  
 
2016年7月中旬撮影  
 
2016年7月下旬撮影   2016年7月下旬撮影
 
2016年7月下旬撮影   2016年7月下旬撮影
 
2017年7月下旬撮影  
8月
 
2014年8月上旬撮影   2016年8月上旬撮影
 
右上写真のトリミング   2016年8月上旬撮影
 
2017年8月中旬撮影  
 
2016年8月下旬撮影  
9月
 
2015年9月上旬撮影   2015年9月上旬撮影
 
2017年9月上旬撮影  
 
2017年9月下旬撮影   2017年9月下旬撮影
10月
 
2015年10月上旬撮影  
 
2015年10月下旬撮影  
11月
 
2015年11月上旬撮影   2015年11月上旬撮影
 
2017年11月中旬撮影   2017年11月中旬撮影
12月
 
2017年12月中旬撮影   2017年12月中旬撮影



inserted by FC2 system