皿ヶ嶺の植物図鑑 ヒメナミキ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 シソ科
学名 Scutellaria dependens

日本全土の湿地に生える草丈10〜40cmの多年草で、細い地下茎を伸ばして増える。地上部の茎は細くて柔らかく、自力では立つ力はない。他の植物の上に乗るか、寄りかかるようにして生育する。
葉は狭卵状三角形で対生し、1〜2対の低い鋸歯がある。
花期は6〜8月。上部の葉腋に淡い紅紫色を帯びた唇形の花1つをつけるが、となりの花と並んで、2つが同じ方向を向いた状態になる。花冠は長さ約7mmの筒状の唇形で、外側に白い毛が多く、上唇は兜状に膨らみ、下唇は3裂し、紫色の斑点がある。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
和名の由来:浪来草(ナミキソウ)に似て姿が似て小さいことからきている。
(絶滅危惧種)

7月
2014年7月中旬撮影 2015年7月中旬撮影
 
2016年7月中旬撮影   2017年7月中旬撮影
2013年7月下旬撮影 2014年7月下旬撮影
 
2016年7月下旬撮影   2016年7月下旬撮影
 
2017年7月下旬撮影  
8月
2015年8月上旬撮影   2017年8月上旬撮影
 
2017年8月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2014年8月中旬撮影   2015年8月中旬撮影
 
2016年8月中旬撮影   2016年8月中旬撮影
 
2012年8月下旬撮影  
10月
 
2016年10月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2016年10月上旬撮影   2016年10月上旬撮影



inserted by FC2 system