皿ヶ嶺の植物図鑑 オウギカズラ

科名 シソ科 図鑑
TOP
学名 Ajuga japonica

本州、四国、九州の山間の湿り気のある木陰や谷筋に生える多年草。草丈10〜20 cm、花後に基部からランナー(走出枝)を出し横に広がる。
葉は2〜5cmの柄があって対生し、葉身の長さは2〜5cm、五角状心臓形で浅い切れ込みがある。
花は上部の葉腋に数個ずつ咲かせ、花筒の長さ約2cmの唇弁花で淡紫色〜紫色、花弁には濃紫色の筋が入る。上唇は浅く2裂し、下唇は3裂、中央裂片はさらに細かく切れ込む。萼は5深裂して、裂片は鋭く尖り細毛が生える
名前の由来:花が終わるころに走出枝を出す様子から、「カズラ」と名付けられた。「オウギ」は、葉の形が 開いた扇に見えることから、と言い伝えられているが、少々疑問が残る

5月
 
2016年5月中旬撮影  
6月
 
2016年6月上旬撮影  
   
2014年6月中旬撮影    
7月
 
2015年7月中旬撮影 シロバナの蕾   2015年7月中旬撮影
 
2013年7月中旬撮影 稀に白花も見られる   2015年7月中旬撮影
 
2013年7月中旬 撮影地:白猪の滝遊歩道   2013年7月中旬撮影
 
2012年7月下旬撮影   左の写真のトリミング
 
2014年7月下旬撮影   2014年7月下旬撮影
 
2015年7月下旬撮影   2017年7月下旬撮影
8月
 
2014年8月上旬撮影   2017年8月上旬撮影
 
2017年8月中旬撮影   2017年8月中旬撮影



inserted by FC2 system