皿ヶ嶺の植物図鑑 オタカラコウ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 キク科 
学名 Ligularia fischeri

深山の湿気の多い草原から谷筋に生える多年生草本。高さ1〜2mになる。葉は一見フキに似ているが、縁にはやや鋭い歯状のきょ歯がある。
茎葉は小形で、上部では包葉状となって花茎を抱く。花は7〜10月ごろ開き黄色、穂状花序となる。総苞片は8〜9個、頭花は大きく6〜10個の舌状花からなる。
名前の由来:「宝香」とは防虫剤や香料にされる竜脳香のことで、根茎にそれと同じ 香りがあることに由来する。

1月
2013年1月上旬撮影
4月
 
2016年4月中旬撮影   2017年4月中旬撮影
 
2017年4月中旬撮影  
5月
2015年5月上旬撮影 2015年5月上旬撮影
6月
 
2016年6月上旬撮影   2016年6月上旬撮影
 
2016年6月中旬撮影   2017年6月中旬撮影
7月
 
2017年7月上旬撮影  
8月
2015年8月上旬撮影
 
2015年8月中旬撮影   2016年8月中旬撮影
 
2017年8月中旬撮影  
2014年8月下旬撮影 2014年8月下旬撮影
 
2016年8月下旬撮影   2016年8月下旬撮影
 
2017年8月下旬撮影  
9月
2013年9月上旬撮影 2015年9月上旬撮影
 
2013年9月上旬撮影   2015年9月上旬撮影
 
2014年9月中旬撮影   2014年9月中旬撮影
 
2016年9月中旬撮影   2017年9月中旬撮影
 
2013年9月下旬撮影   2014年9月下旬撮影
 
2016年9月下旬撮影  
 10月
 
2015年10月下旬撮影  
11月
 
2015年11月下旬撮影   左の写真のトリミング
12月
 
2015年12月中旬撮影  
 
2016年12月下旬撮影  



inserted by FC2 system