皿ヶ嶺の植物図鑑 オカタツナミソウ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 シソ科 
学名 Scutellaria brachyspica

本州〜四国の丘陵地の木陰に生える草丈30〜50cmほどの多年草。花期は5〜6月。タツナミソウに似ているが,花序は縦長にはならず、ほぼ同じ高さに花が集まってつき、必ずしも一方向を向いていないのが特徴。花の長さは約2p。花の下唇は折れ曲がり弁の斑紋は薄く、色はタツナミソウよりも淡い。
葉は対生し、両面に柔らかい毛が生え、卵形あるいは三角状卵形で、上部のものほど大きい。葉の縁に粗い鋸歯がある。茎には下向きの曲がった毛が多い。
名前の由来:花が揃って全て一方向を向いていて、その様が「波」が立っている様に見えることからの命名。「丘」に生えるという意味のようだが、タツナミソウと同じような環境に生育する。

1月
 
2017年1月上旬撮影   左の写真のトリミング
4月
 
2017年4月上旬撮影  
5月
 
2016年5月下旬撮影   2016年5月下旬撮影
6月
 
2014年6月上旬撮影   2014年6月上旬撮影
 
2016年6月上旬撮影  
 
2014年6月下旬撮影    
10月
 
2016年10月下旬撮影   左の写真のトリミング
12月
 
2016年12月中旬撮影  



inserted by FC2 system