皿ヶ嶺の植物図鑑 エイザンスミレ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 スミレ科 
学名 Viola eizanensis

本州〜九州の山地の樹下に生える多年草。5〜10cmの花柄を出し,直径は1.5〜2cmの花をつける。しばしば香がする。ふつう花の色は淡紅紫色のものが多いが、白色まで多彩である。葉は3裂し、それぞれがさらに細かく切れ込んでいるのが特徴である。根茎は太く短く、根は白色である。
類似種のヒゴスミレは、山地でも日当たりがよい所を好み、花が小形で白色。葉が基部より5裂し、花期が10日ほど遅いことで区別される。
名前の由来:比叡山に生えているスミレの意。

4月
2015年4月上旬撮影 2016年4月上旬撮影
 
2014年4月中旬撮影   2015年4月中旬撮影
 
2016年4月中旬撮影   2016年4月中旬撮影
 
2016年4月中旬撮影   2017年4月中旬撮影
2012年4月下旬撮影 2014年4月下旬撮影
 
2015年4月下旬撮影   2017年4月下旬撮影
 
2017年4月下旬撮影   2017年4月下旬撮影
5月
 
2017年5月上旬撮影  
 
2012年5月中旬撮影  
 
2016年5月下旬撮影  
6月
 
2017年6月上旬撮影   2017年6月上旬撮影
8月
2014年8月上旬撮影   夏葉  
9月
 
2014年9月上旬撮影  
 
2014年9月中旬  夏葉と実  



inserted by FC2 system