皿ヶ嶺の植物図鑑 アリノトウグサ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 アリノトウグサ科 
学名 Haloragis micrantha

日本全土の山野の日当たりのよく、やや湿ったところに生える小型の多年草。茎は四稜があり赤褐色を帯び、基部は分枝して地をはう。節からひげ根と直立する茎を出し、高さ30cmほどになる。
7〜9月に小さな黄褐色の花を点々と下向きに付ける。 
葉は対生し、上部の葉はときに互生する。花は雄性先熟で、雄花期が終わると葯と花弁はしおれて落ちる。雌花期では4個の羽毛状の柱頭が開く。晩秋から冬期にかけて、寒風に晒される場所に生育するものは紅葉していることが多い。
名前の由来:小さな花をアリに見立て、草全体を蟻の塔(アリ塚)に例えて付けられた。また、小さな花を蟻の頭に見立てた「蟻の頭(とう)」という説もある。

1月
 
2016年1月上旬撮影   2016年1月上旬撮影
 
2017年1月上旬撮影  
 
2016年1月下旬撮影   2016年1月下旬撮影
2月
 
2016年2月上旬撮影   2017年2月上旬撮影
 
2016年2月中旬撮影   2017年2月中旬撮影
 
2016年2月下旬撮影   2017年2月下旬撮影
3月
 
2016年3月上旬撮影   2016年3月上旬撮影
 
2017年3月上旬撮影   2017年3月上旬撮影
 
2017年3月中旬撮影   2017年3月中旬撮影
 
2016年3月下旬撮影   2016年3月下旬撮影
 
2017年3月下旬撮影  
4月
 
2017年4月上旬撮影  
 
2016年4月中旬撮影  
 
2016年4月下旬撮影   2017年4月下旬撮影
5月
 
2016年5月上旬撮影   2017年5月上旬撮影
 
2016年5月中旬撮影   2017年5月中旬撮影
 
2016年5月下旬撮影   2017年5月下旬撮影
6月
 
2016年6月上旬撮影   2016年6月上旬撮影
 
2017年6月上旬撮影  
 
2017年6月中旬撮影  
2015年6月下旬撮影 2016年6月下旬撮影
7月
2015年7月中旬撮影 2015年7月中旬撮影
 
2016年7月下旬撮影   2016年7月下旬撮影
 
2016年7月下旬撮影   左の写真のトリミング
8月
2014年8月中旬撮影 2014年8月中旬撮影
 
2016年8月中旬撮影   左の写真のトリミング
 
2014年8月下旬撮影   2014年8月下旬撮影
 
2014年8月下旬撮影  
9月 
 
2014年9月上旬撮影   2014年9月上旬撮影
 
2016年9月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2015年9月中旬撮影  
 
2014年9月下旬撮影   左の写真のトリミング
10月 
 
2014年10月上旬撮影   2015年10月上旬撮影
 
2016年10月上旬撮影   2016年10月上旬撮影
 
2016年10月中旬撮影   2016年10月中旬撮影
 
2016年10月中旬撮影  
11月 
 
2015年11月上旬撮影   左の写真のトリミング
 
2015年11月中旬撮影   2016年11月中旬撮影
 
2016年11月下旬撮影  
12月
 
2015年12月中旬撮影   2015年12月中旬撮影
 
2016年12月中旬撮影  
 
2016年12月下旬撮影  



inserted by FC2 system