皿ヶ嶺の植物図鑑 アカメガシワ 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 トウダイグサ科
学名 Mallotus japonicus

本州以南の明るい空き地などによく見られる、樹高5〜10mになる落葉高木。樹皮は灰褐色で縦に浅い裂け目がある。
葉は赤く長い葉柄をつけて互生する。葉身は長さ7〜20cmの広卵形。縁は全縁または波打ち、ときに浅く3裂する。新葉の赤い色は多数の鱗片によるもので、葉の成長とともに脱落し、地の緑色になる。
雌雄異株で、花期は6〜7月。枝先に円錐花序を出し、花弁のない花をつける。雄花は各苞腋に数個ずつ付き、萼は淡黄色で多数の雄蕊が伸びて目立つが、雌花は苞の腋に1個ずつつき、雌蕊だけからなり、数が少なく目立たない。果実は径約8mmの扁球形の刮ハで軟針があり、10月頃に熟すと3裂して3個の黒紫色の種子を出す。
名前の由来:新葉の芽だし部分が赤いのでアカメであり、葉をカシワの葉のように食物を載せるのに用いたことに由来する。

5月
 
2017年5月下旬撮影  
6月
2014年6月下旬撮影 2014年6月下旬撮影
 
2014年6月下旬撮影   2014年6月下旬撮影
7月
 
2017年7月中旬撮影  
 
2017年7月下旬撮影   2017年7月下旬撮影 雌花
 
右上写真のトリミング  
8月
 
2017年8月上旬撮影   左の写真のトリミング
2016年8月下旬撮影



inserted by FC2 system