皿ヶ嶺の植物図鑑 アブラチャン 科名一覧リスト 名前一覧リスト 図鑑TOP

科名 クスノキ科
学名 Parabenzoin praecox

本州、四国、九州に分布する落葉樹で高さは6 mに達する。早春、葉がほとんど芽吹いていない森の中で、葉に先立って黄色の花が3〜5個まとまって枝に密生するので目立つ。樹皮は灰褐色である。
葉は互生する。厚みはやや薄く表面は滑らか。全縁で先はとがり、葉柄は赤みを帯びる。裏面は白っぽい。果実には1個の種が入っている。
雌雄異株で雌花序には3〜4花が付き、雌しべが1個と葯の無い雄しべ。雄花序には3〜5花が付き、雄しべが9個ある。
枝や実にはクスノキ科に特有の芳香があり、どことはなしに油っぽい。
名前の由来:漢字で「油瀝青」。「瀝青」はコールタールなどを指す単語で本来は「れきせい」と読むが、別称で「チャン」とも言う。種皮や樹皮に油分が多く含まれるためこの名前がある。

3月
 
2017年3月中旬撮影   2017年3月中旬撮影
 
2017年3月中旬撮影   左の写真のトリミング
4月
 
2015年4月上旬撮影  
 
2014年4月中旬撮影   2017年4月中旬撮影
 
右上写真のトリミング  
5月
 
2016年5月中旬撮影   2016年5月中旬撮影
 
2012年5月下旬撮影    
6月
 
2017年6月下旬撮影   2017年6月下旬撮影
7月
 
2016年7月上旬撮影   2016年7月上旬撮影
8月
 
2014年8月上旬撮影   2017年8月上旬撮影
11月
   
2015年11月下旬撮影    



inserted by FC2 system